デリケートゾーンの黒ずみを悪化させる刺激とは?

デリケートゾーンが刺激によって黒ずむ理由の1つに「摩擦」が挙げられます。生活していくうえで私たちはたくさんの摩擦を私生活で感じています。

 

特にデリケートゾーンは皮膚が薄いため刺激を受けるとすぐにメラニンが生成され黒ずみができやすく、その影響をとても強く受けてしまうのが特徴です。

 

女性の下着は機能性よりも見た目の美しさ、可愛さを優先したものも多く、自分のサイズに合わないものを履いていると、知らず知らずのうちに締めつけ、それが負担になってしまうこともあります。

 

普段から下着による摩擦は多くの方が体験したことのあるものだと思います。

 

知らないまま摩擦が行われ徐々に黒ずみができ、気づいた時は黒ずみが悪化しているため急に黒ずみができ驚いてしまうのでが、もとはといえば自分で摩擦を起こしているんですね。

 

また生理用ナプキンやトイレでトイレットペーパーを使用したときにおこる摩擦も黒ずみが起こる原因になります。

 

その他に考えられることとすれば「紫外線」による刺激です。

 

紫外線によって黒ずみが発生してしまっている可能性があります。

 

紫外線によって刺激を受けた肌は元に戻ろうとしますが、中には代謝が悪かったり体の調子が悪かった時に紫外線によって受けたメラニン色素が元に戻らなくなってしまうことがあります。

 

これが黒ずみの原因となっていくのです。これは年齢とともに低下していくので年を重ねるごとに黒ずみが増える可能性が高くなるということです。

 

また少しふくよかな女性や太っている方は少し黒ずみが多くなってしまうことがあります。

 

これは圧力の刺激によっても中には黒ずみができてしまうということで、デスクワークなどで座りっぱなしや運動不足の方は気をつけてくださいね。