デリケートゾーンの正しい洗い方

普段、デリケートゾーンをどのよう洗っていますか?

 

臭いや蒸れが気になるとゴシゴシと念入りに一生懸命洗う場所ですよね。

 

ただし、陰部は「デリケート」と言われているだけあり、トラブルが発生しやすい場所です。

 

女性の性器は複雑な構造をしているのでしっかり洗えてるつもりでも垢が溜まったり痒みが出ることもあります。

 

さらに洗い方によっては黒ずみや色素沈着ができてしまうことも。

 

ただ、デリケートゾーンの洗い方は学校で学んだり、親から正しい洗い方を学ぶこともないと思います。

 

多くの女性が自己流になってしまっているので、ここで正しい洗い方をしっかり理解しましょう。

アンダーヘアの処理を行う

陰部の毛が多いと洗いにくかったり不十分な洗い方になりがちです。

 

陰毛が多いと湿気もこもりやすく、不衛生な状態になりやすいので適度な短さにカットしましょう。

 

陰毛はスキバサミやヒートカッターで処理すると上手にカットできますよ。

泡立てた泡で洗う

陰部は指で洗うように優しく丁寧に洗います。

 

この時の注意点として、デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多い部分ですので、タオルや指でゴシゴシこすらないようにすること。

 

ゴシゴシすると摩擦により黒ずみの原因にもなります。

 

陰毛から陰核、性器部分から肛門へと前から後ろに向かって洗っていくようにしましょう。

 

この時、膣内まで洗わないようにしてくださいね。

 

膣には自浄作用があり、デリケートな膣環境をを正常に保ってくれる常在菌が存在します。

 

この常在菌を洗い流してしまうと痒みや臭い、病気の原因になってしまうので過剰に洗うのはNGです。

 

また市販のボディーソープは洗浄力が強く刺激が強いので、可能であればデリケートゾーンでも使える肌に優しい洗浄剤を使用してください。

 

赤ちゃんの用のボディーソープなどがオススメです。

ぬるま湯で洗い流す

熱めのお湯だと刺激が強いですのでぬるま湯の設定で洗い流します。

 

泡が残らないようにシャワーで泡をしっかり洗い流しましょう。この時、しつこく膣内をシャワーで洗わなくても大丈夫です。

 

陰部の表面をシャワーで洗い流すだけで十分なので、優しく洗うことだけを意識してくださいね。

 

 

デリケートゾーンを清潔に保つことで気になるオリモノ臭や生理臭、しゃがんだ時の鼻につく臭いをケアできるようになります。

 

アソコの黒ずみも臭いも女性にとって深刻な悩みになります。これらを予防するには普段の正しいケアがとっても大切。

 

臭ってからでは遅いので、トラブルが発生する前に普段から正しい方法で洗って、正常環境を保てるようにしてください。